2010年5月26日水曜日

『命と向き合うデザイン』 

 行列のできる商品



I want to talk about the value of time.

You want to buy the commodity. If the item is so popular, many customers in the store form a line. And, the sign will enter the stage. It says, “Please wait 2 hours”. If you recognize the value of the item, you can wait 2 hours.

I try to think about “Needed time / Profit or Benefit” for this case. You think that “Needed time = 2 hours < Profit or Benefit”.



もうちょっとだけ、
時間の価値を考えます。

ある商品を購入するために並ぶとします。
人気のある商品には、
行列ができることもあります。
そのうちに、
「こちら最後尾。2時間待ち」
などと書かれたボードが
出てきたりします。

それでも、
それだけの価値、
つまり、
「2時間待ってでも手に入れる価値」がある、
と判断されれば、
更に行列がつくられることになります。

この場合、
「仕事に必要な時間/得られる益」
を考えてみると、
必要な時間=2時間に対して、
益が大きいと判断されたのだと言えます。