2009年12月9日水曜日

『命と向き合うデザイン』 

 OutputのためのInput



思い付いたり、
思い込んだりするために必要なこと。
沢山あります。

「お前らにはまだ選ぶだけの能力はない。
 出されたものは残らず食え!」と、
昔ある先生(M)に教えられました。

「良いか悪いかを判断できるほど、
 君たちはまだ物事を知らない。
 ただ、好きか嫌いかは感じるでしょう。
 その違いをちゃんと自覚しておきなさい」
高校生の頃に、
部活動の顧問の先生に教えられました。

出すためには、まず、入れなければいけない、
ということです。