2010年3月8日月曜日

『命と向き合うデザイン』 

 “絆”




ふとした事から、
昔のportfolioを繙く事に。
そして、
出て来た文章にビックリ。

_______

「絆」

恋人って、なんでしょう?
好きになるって、なんでしょう?

繋ぎ止めながら、束縛し、
打ち砕かれながらも、何度でも蘇る。

一度折れた骨が強くなるように、
何度でも、
何度でも。

意志を具現化して、
ずっとずっと繋いでいてください。

その「絆」という鍵で。

_______

1999年頃に行われた、
「学生による額装コンペ」に出展した際の、
コンセプト説明文。

「この頃何があったのか知らん?」
と、考えさせられますが、
昔書いた言葉を読み直すのは、
ちょっとしたタイムスリップ感を味わえて面白い。

特に私の場合は、
積極的にtextのみを残した事があまりなく、
常に作品と共にある事が多いため、
「スケッチ」と「言葉」という、
今自分が記し続けているテーマそのものを、
自分が実演している感覚で面白いです。

よく見てみるとこの文章、
今から10年以上前に書いたもの。
作品をportfolioとして残しておく事の大切さを、
しみじみと感じます。

PORTFOLIO