2010年4月8日木曜日

『命と向き合うデザイン』 

 モデルの美しさ、の前に



What kind of thing do you imagine if called a paper mock-up model?
It is not thin. Polystyrene boards (air core) are used mainly. It sandwiches the foaming materials between cardboard and cardboard. Boards have various thicknesses: 1 millimeter, 3 millimeter and 5 millimeter…. You can select a thickness of the board according to the made object.
First, you draw some lines at the part of cardboard with the pencil. Second, you cut it with the cutter and make the edge with sand paper. Third, you paste parts with the Suchinori. When the paste dries, it is completion.

Today, I was going to write the beauty of the model. But, I remembered that I must write it first.

How much precision may you make the paper mock-up model?

The correct answer is an accuracy of 1/100 millimeter.
It is true.The mistake is not found because it was measured with digital calipers.



ペーパーモック、なんていうと、
ペラペラなモノを想像される方も
いるかと思いますが、
実際は、
紙(ケント紙とか)よりも、
スチレンボード(商標?)という、
ケント紙とケント紙の間に、
発泡材が挟まれた素材を主に使用します。

1ミリ、3ミリ、5ミリ、
と色々な厚さがあるので、
つくる対象に合わせて厚さを変えます。

ケント紙の部分に鉛筆で線を引き、
カッターでカットし、
紙やすりで端部を整えつつ、
テープで固定しながら、
スチのり(商標?)で
くっつけていきます。

今日は、
ペーパーモックの美しさを、
語ろうかと思ったのですが、
その前に一つお話ししなければいけないことを、
思い出しました。

このスチレンボードを使ったモデル、
どのくらいの精度が出せるのでしょうか。

実は0.01mmの精度まで出せます。
本当に。
デジタルノギスで測られたのですから、
間違いありません。