2010年4月19日月曜日

『命と向き合うデザイン』 

 “心の琴線に触れる”




I went to museum after a long time. I devoted myself to looking at paintings. I always go into their world heart and soul when I look at art works. After seeing the work, I am very tired. But this time, I was able to look at them with taking a rest.

Why do I want to go to museum?

I don’t know. But, I occasionally want to look at art works. I’d like to look and feel an atmosphere. And I’d like to come in contact with artist’s feeling, thinking and expression. There aren't any good reasons to do so.

What’s art?





久しぶりに美術館に足を運びました。

折角なので、
頭の天辺から足の先まで、
作品に入り込みました。

入り込むと、とことん入ってしまうため、
一つの展示を見るのもやっと。
美術館の梯子など絶対無理です。

しかし、今回は、
どっぷり浸かりながらも、
お陰で、息を抜きつつ、
ほどよく見ることができました。

自分にとって、
美術館に足を運ぶという行為が
何を意味しているのか、
よくわかっていません。

ただ、
見たいと思う。
その空気に触れたいと思う。
その作家さんが
感じた事、
思った事、
考えた事、
表そうとした事、
表した事、
そういったものに
理由もなく接したいと思います。

芸術って何なのでしょう。