2010年5月10日月曜日

『命と向き合うデザイン』 

 実験的思考−4



Let’s think about the case of playing the instrument. It is assumed that you are a player to play the old music.

The first, you try to read the composer’s thinking and decide your interpretation. Next, you try to practice the detail of the music to raise quality. When you see whole of the music, you think about the position of detail and the kind of one. When you see detail of the music, you think about the role of detail in the music. If you try to practice only whole of the music, you can’t train the detail. On the other hand, if you try to practice only detail of the music, you can’t complete the music.

Let’s get a result.



音楽を考えてみます。
一人で、既に存在する楽曲を演奏する場合です。

まず、
曲全体を見て、
作曲者の意図を読み取り、
曲に対する自分の解釈を決めます。
次に、
細部のフレーズやパッセージに対して、
個別に練習し、
完成度を高めます。

全体を詰める時は、
どこにどんな細部があるのかを意識します。
細部を詰める時は、
その部分の全体の中での役割を考えます。

全体を通しただけの練習では
細部は詰められませんし、
細部だけをやり込んでも、
曲としては完成しません。

これらを踏まえると・・・。