2010年5月13日木曜日

『命と向き合うデザイン』 

 ”伝えるために”



There is one purpose to reduce noise. That is to make it easy to see what you want to show.

The difference between art and design is the same as the one between subjective view and objective view. Why does designer express their works with objectivity? They have clear purpose. That is to indicate what they want to express. That’s the reason they remove noise or obstacle.



ノイズを減らす目的は一つ、
見せたいモノを見やすくする。

アートとデザインの違いは、
アートが
つくり手の主観を表現するのに対して、
デザインは
つくり手が客観性を持って表現します。

客観性を持って表現するのは、
つまり、そこに目的があるからです。
つかい手がいて、
つかい手に共通の何かを受け取ってもらうために、
客観性を持って表現します。

その最も良い状態は、
つくり手の意図が、
真っ直ぐつかい手に伝わることです。

真っ直ぐに。
つまり、
邪魔なモノがない状態です。

それが見せたいモノが見やすくなっている状態。
そのために、
ノイズを減らします。