2010年5月30日日曜日

『命と向き合うデザイン』 

 “見せる”



Exhibition.

That is an act of showing someone something.
You need something and someone.

If that is event, there should be a lot of audience.

Well, why do you want to invite a lot of people?
Because you want to show a lot of people it.
Well, why do you want to show a lot of people?
Because you designed it as well as you can.

That loop becomes positive circuit.
This circuit makes better design.



見せる。

何かを誰かに見せるという行為。
「何か=モノ」と「誰か=対象者」が必要です。

もし、
それがイベントならば、
沢山の人を呼べた方が良いはずです。

では、
沢山の人を呼びたい、
という気持ちは、
どこから来るのでしょうか。
それは、
沢山の人に見せたい、
という思いから来ます。

では、
その思いはどこから来るのでしょうか。
それは、
見せるモノを一所懸命につくることによって、
生まれてきます。

一所懸命につくったこの展示を、
多くの人に見てもらいたい。
だから、
多くの人を呼びたい。
そして、
多く人が来るはずだから、
もっともっと、
展示の質を高めていきたい。

そういったポジティブな相乗効果によって、
よりよいモノとコトに仕上がっていきます。