2010年6月18日金曜日

『命と向き合うデザイン』 

 劇場の喪失



Media” is word that contains a lot of meanings. The meaning of Japanese is “媒介物”. And media has many roles. Separation of performer and audience’s space-time is one of the roles. Therefore communication gets diversity. But, a part of strong emotion from the fitting perfectly them space-time is lost.
That is “loss of theater”.

On the other hand, movie has developed without relation to separation of space-time.

What is the difference?



mediaは、
媒介物という日本語訳があてられており、
多くの意味を包括しています。

mediaの持つ役割の一つに、
演ずる人と、
観る人の、
時間的・空間的断絶を生み出す、
というものがあります。

これによって、
コミュニケーションは、
多様性を獲得しました。

結果、
時間的・空間的一致に伴う感動や感激の一部は、
置き去りに。
劇場の喪失です。

しかし、一方で、
時間的・空間的断絶に影響を受けず、
感動や感激を与え続けるものは、
残存・発展しました。

映画などがその代表と言えます。

その違いはどこにあるのでしょうか。