2010年6月19日土曜日

『命と向き合うデザイン』 

 “読書”



My reading speed is so late. So, I need courage to spare time for reading.

When I read a book, I must put all other thoughts out of my mind. I don’t read a book because of being interested in a story, but decide to read a book.

Why do you read books? I read a lot of books because I want to get knowledge. Unknown factor is good. But, known factor is bad. I stop to read a book. Though if I read to last, I might get new knowledge. I regret my reading speed.

In that respect a construction of article is so good.



読むのが遅い私にとって、
読書に時間を割くのは、
非常に勇気のいることです。

色々なことが頭の中を過ぎりつつも、
一切無視して読む。
面白いから一気に読む、
というよりも、
読むと決めたから読む、
というのか、
正しい。

読むと言うことは、
その中に記されていることを、
自分の中に取り込みたいから、
読む。

未知なることならば良し、
既知なることならば悪し、
と言わないまでも、
やっぱり途中でやめてしまいます。

もしかしたら、
最後の一行にすごいことが書かれているかも、
と思いながらも、
自分の速度を悔やむばかり。

その点、
論文の構成は、
非常に優れています。