2010年6月26日土曜日

『命と向き合うデザイン』 

 “鳥鳴き花笑ふ”



I don’t want self-ridicule or scornful laughter. I want pure laugh now.

I don’t think that it is good that I look down upon somebody or myself. I don’t hope such a complex thing. I want to laugh gently.
And I want such time.

The Chinese character is “笑”. The meaning of “笑” is the part of “咲”. And there is “鳥鳴き花笑ふ” in the Japanese idiom. The meaning of “咲” is “flowers are blooming”. “笑” and ”咲” are same meaning in ancient time.

I love the meaning of laugh.



自嘲や嘲笑ではなく、
純粋に笑いが欲しい、
と思う今日この頃。

徒に、
自分を落とすのでも、
人を落とすのでもなく、
そんな複雑なことはしなくて良いから、
ただ、
現象を素直に受け止めて笑うこと。

そんな時間が欲しい。

笑う。
咲う。
嗤う。
哂う。
咳う。
听う。

「咲」とは『漢字源』(学習研究社/藤堂明保)によると、
「会意兼形声。
 夭は、
 なよなよと細い姿の人を描いた象形文字。
 笑は、
 細い竹。
 細い意を含む。
 咲は元、
 「口+音符笑」で、
 口を細めてほほとわらうこと。
 咲は、
 それが変形した俗字。
 日本では、
 「鳥鳴き花笑ふ」という慣用句から、
 花がさく意に転用された。」

そんな花が咲くような笑いが良いな。