『自己を見つめるデザイン』

 "音を吸い込み、光を放つ"


雪が積もった朝はとても静かに始まります。
地面に、屋根に積もった雪が音を吸収してくれる、
それは、無音室と同じ原理ですので、
実際、物理的静かなのだとは思いますが、
それとは何か違う力も働いているように感じます。

こちらの雪は実家の方に比べて、
大粒で軟らかいモノが多いようです。
実家の方では粉のように細かな雪が降ります。
そのため、
溶けにくく、積もりやすく、凍りやすく、滑りやすい。

そんな風に認識していたのですが、
昨日から今日にかけて降っている雪は、
ちょっと違うようです。
大粒の雪がどんどん積もっていきます。
融雪がしっかりしている道はまだ大丈夫ですが、
私が駐車している駐車場や、
その前の道は見事に真っ白に染まってしまいました。

車で行くこともできましたが、
今日は大学のバスを利用してみることに。
丁度、一年前、
同じバスを使って非常勤に通っていました。
全く知らない学生達に紛れ、
見知らぬ道を、
見慣れぬ場所へ、
たった15分程度でしたが、
当時は色々なコトを考えていました。
今朝、そのバスに乗ってみると、
学生達から自然と声をかけられ、
驚くと同時に、嬉しさが生まれました。

このブログの人気の投稿

『命と向き合うデザイン』 

 新・再生医学について−11

『命と向き合うデザイン』 

 細胞シートによる治療−2

『Consilience Design』   

 継続