『自己を見つめるデザイン』

 "重さ"


雪国で生活をすると、
必ず、雪の重さを知ることになります。
雪が儚く消えると思っている人は、
外側からしか見ていないからです。
実際にそこで生活し、
同じ時間を過ごすようになると、
色々なモノが見えてきます。
それは、雪の重さのように、
大変な思いをするものかも知れませんが、
それが同時に、
次の季節に肥沃な大地を育んでくれるような、
優しさを持っているコトにも気が付くはずです。

このブログの人気の投稿

『命と向き合うデザイン』 

 新・再生医学について−11

『命と向き合うデザイン』 

 細胞シートによる治療−2

『Consilience Design』   

 継続