『自己を見つめるデザイン』

 学生時代の二つの時間


その時その時の時事などを絡めつつ、
時間に関して考えています。
マクロな時間の考え方として、
大学時代を考えてみます。

自分の大学生活は大きく二つの時間で構成されていました。
・学部
・部活
多くの学生がそうだとは思うのですが、
私の場合は、ほぼ全ての時間がこの二つのどちらかでした。

今考えてみるとどうかとも思いますが、
日中は学部の方で制作などを行い、
夕方から夜くらいになると、
自転車で30分ほどかかる部室に移動し、
部活の練習をしました。
その後、また夜更けになってからは、
学部の方に戻り、
引き続き、制作を行いました。

もちろん、毎日がそうだったわけではないので、
その合間合間で遊んだりもしましたが、
ほとんどの時間は上述のどちらかだったと思います。

普通に考えたらバカみたいな生活かも知れません。
もっと楽しいことが色々あっただろうに、
とも言われそうです。
しかし、私に言わせてもらえば、
学生のうちでなければ、
こういうことはできなかったろうなと、
逆に思ったりもします。

このブログの人気の投稿

『命と向き合うデザイン』 

 新・再生医学について−11

『命と向き合うデザイン』 

 細胞シートによる治療−2

『Consilience Design』   

 継続