『自己を見つめるデザイン』

 水に浸かっている時間


お風呂がとても好きです。
清潔にしておきたい、という、
国際的な視点ではなく、
温まりたい、という、
極めて日本的な意味で好きなのだと思います。
本来なら毎日溜める入りたいところですが、
なかなかそうもいかないので、
多くの場合、シャワーだけになってしまいます。

実家の最寄りも大きな方の駅は、
駅名に「温泉」と入っているくらいですので、
所謂昔で言うところの温泉街です。
小さい頃は家の近所にも温泉があり、
結構な頻度で入りに行っていたと思います。

今いるところも、近くに温泉があり、
以前から誘われてはいたのですが
なかなかタイミングが合わず、
今日、たまたま行くことができました。

私は、夏になると、
プールや海に行くのが好きです。
水に浸かっている、という状態が好きなのかどうか、
正直よくわからないのですが、
とにかく好きです。
別に、母なる海に抱かれて、
などというつもりは毛頭なく、
本当になぜなのかわからないのですが、
私にとっての「水に浸かっている時間」は、
何か特別な意味があるようです。

このブログの人気の投稿

『命と向き合うデザイン』 

 新・再生医学について−11

『命と向き合うデザイン』 

 細胞シートによる治療−2

『Consilience Design』   

 継続