2012年2月20日月曜日

『自己を見つめるデザイン』

 引っ越し後に残るモノ



私は小さい頃、
工作などをとても好きでした。
と、言っても、
比較対象がないため、何と比べて好きだったのか、
絶対的指標がないため、どの程度好きだったのか、
説明するのは困難ですが。
例えば、
紙があれば正方形にして折り紙をし、
割り箸があれば輪ゴムピストルをつくり、
ダンボールがあれば小さな家をつくり、
空き地に材木置き場があれば秘密基地をつくり・・・
今考えてみれば、あの頃の方が
余程自由に創作活動を行っていました。
別に自由があった、ということではなく、
何も考えずに、
本当にただつくりたくてつくっていました。
逆に言えば、何も考えていなかったから、
身体が動いていたのかも知れません。

そんな私にとって、
転勤族、というのは
ちょっと嬉しいことでもありました。
勿論慣れ親しんだ場所を離れ、
友達とも会えなくなるのは寂しいことでしたが、
引っ越し後に出る大量のダンボールは、
私にとっては絶好の遊び道具だったと、
記憶しています。
大きめのダンボールを選び、
それを家と仮定します。
中に2階をつくり、
ドアを開け、
窓を開け、
家具をつくり、
そして、
豆電球の照明を入れる。
自分が入るサイズの家をつくるのは、
当時のサイズでも困難でしたが、
何とかやっていました。