2015年4月28日火曜日

『memorandum』     

 漢字



先日、初めて聞く言葉がありました。

・簡体字:中華人民共和国の文字改革によって制定された、自体を簡略化した漢字。
・繁体字:簡体字化された漢字のもとの漢字

1949年:中華人民共和国 建国
1952年:中国文字改革研究委員会 設立
1954年:中国文字改革委員会に改名
1955年:漢字簡化方案草案 発表
1956年:漢字簡化方案(汉字简化方案) 公布
1964年:簡化字総表

以前、中国の方と会話をした際に、
双方共に英語があまり得意では無かったため、
漢字を書いてコミュニケーションをとったことがありました。
その時、
あ、こんな漢字は日本は無いなぁ。あ、これも無いなぁ。
ということが何度かあり、
てっきり、中国語の漢字の一部だけが
日本に入ってきているのだと思っていました。
しかしながら、この繁体字と簡体字のことから想像するに、
その時の会話で通じなかった漢字の多くは、
簡体字なのだと思われます。

歴史的な事柄なのでもう少し調べてみますが、
よく見てみると、
「これ、こんな風に簡略化しちゃって、良いの???」
と思われるものも少なくありません。

かく言う私の名前もまた、
ちょっと変わった字ではありますが。