2010年2月4日木曜日

『命と向き合うデザイン』 

 二つの機能



物が持つと言われる、
二つの機能。

使用される機能

所有される機能

使用される機能は劣化しますが、
所有される機能は洗練される時すらあります。

所有される機能=形式
使用される機能=内容
と考えられるならば、
使用される機能 ∈ 所有される機能
と言えるのでしょうか。

例えば、
使えなくなっても
捨てずにきちんと保管されたり、
名残惜しまれたりするのは、
形式が満たされているからだと、
考えられます。

もし、使用される機能が
満たされている二つの製品がある場合、
購買のキーになるのは所有される機能です。
また、
製品によっては、
所有される機能が、
使用される機能を上回ることもあります。
逆に、
所有される機能が満足いくのものでなければ、
たとえ、優れた使用される機能を持っていても、
購入されないこともあります。

つまり、
プロのデザイナーがつくる製品は、
常に、所有される機能を
満たしているモノでなければならず、
デザイナーがエキスパートならば、
必然的にそうなるはずです。