2010年2月17日水曜日

『命と向き合うデザイン』 

 "ORIGINへ"



形而上学は、
後世になって、
アリストテレスの残した書物が整理され、
名前を与えられました。

τὰ μετὰ τὰ φυσικά

「自然について書かれた本の『後の』本」、
という意味らしいのですが、
たまたま、
並びの順でそう呼ばれていたものが、
実際の内容も「自然の『後ろ』」、
つまり、
あらゆるモノの存在そのものを
言及している内容だったため、
そのまま名前が定着したとのこと。

この言葉、英語では、
metaphysicsという単語になります。

METAPHYSICS

mete + physics = the things after the Physics

physics
-> physic
-> physis
-> nature
-> natura
-> natal
-> natalis

natalis(L) = birthday(E)

birth -> bear -> origin

ORIGIN

ということで、
metaphysicsとは、
「あらゆるモノの始まり(origin)」の、
そのウラ(meta)、を意味しています。

こうなってくると、
所謂、鶏と卵、
禅問答のようなものになってしまいます。