2010年3月1日月曜日

『命と向き合うデザイン』 

 無を有に置換



言葉スケッチの話に戻ります。

言葉スケッチ

そもそも、
デザインにおけるスケッチとは、
トレーニングでない限り、
「見えていないモノ」を描くことになります。

見えていないモノを描くということは、
同じものを見ていない状態です。
その状態では、
言語でいうところのlangueが必要です。

しかし、
ここで言う「見えていないモノ」とは、
「この世にはまだ無いモノ」ですから、
難易度が高くなります。

「無い」モノを伝えるには、
どうすれば良いのでしょうか。

「有る」モノを使って、
類推させることができます。

最も簡単な方法の一つに、
体を使う方法があります。

つまり、
自分・相手の体を基準として、
モノを認識することです。

モノが身体に対して提供する価値、
のことを、学術的に、
「affordance」と言います。

AFFORDANCE